住宅ローン商品を知る

貯金箱

どの様な商品なのか

住宅ローンの1つであるフラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した形をとっています。民間金融機関が融資したローンを住宅金融支援機構が譲り受けます。そしてそのローンを裏付けとして住宅金融支援機構は資金調達を行う方法をとった住宅ローンの商品と言えるものです。フラット35という名称ですが、そのローン商品の名称は取扱い金融機関によって違いますが仕組みは同じです。フラット35は上記の様な仕組みであり、証券化により投資家から資金調達を行っています。全期間固定金利型の住宅ローンであり、借入時から金利と月々の返済額が決まります。それが世の情勢に関係なく続くので、返済期間中に市場金利の動向を気にする必要はありません。またサービス内容も返済する側にとって大きなメリットも多くあります。代表的なのが繰り上げ返済の手数料が無料な事です。住宅ローンを返済する際、返済期間や月々の返済額を減らす事ができるので繰り上げ返済した方が良いと言われています。ただし一般的に繰り上げ返済すると事務手数料が発生します。フラット35では無料なので、マメに繰り上げ返済を行う事ができます。家計の状況に合わせて返済計画が立てやすいのがフラット35を利用するメリットと言えます。ちなみにフラット35という名称なので35年間の返済期間と思われますが、実は15年以上から35年以内で選択できます。以上の仕組みの住宅ローン商品ですが、安定して返済したい方に向いている商品と言えます。