住宅ローン融資

財布

ローンの種類

日本は長い間、低金利状態で貯蓄しても一向に利子が増えませんが、逆に言えば融資を受けたい方にとっては利子分の負担が少なくなるので、借りた場合には返済しやすいと言えるでしょう。そういった金利状況ですので、ある程度資金がある方を筆頭に住宅の購入を検討される方も多いのではないでしょうか。その際にほとんどの方が利用すると思われる、住宅ローンについてお教えしたいと思います。一つ目は各金融機関で融資の金利が異なり、金利の安い金融機関は融資の審査が厳しい傾向にあります。二つ目は金利タイプの違いですが、大きく分けて変動金利型と固定金利期間選択型、全期間固定金利型(フラット35)の3種類あり、それぞれ特徴があります。変動金利型については固定金利型より金利が若干低いが、将来的に金利が上がると支払額が増える可能性があり、固定金利期間選択型は当初の5年や10年は金利が変わらないが、それ以降は変動金利と同じで金利が上がると支払額が増えます。それではフラット35はと言いますと、名前の通りで借入返済中の金利がずっと借り入れた時の金利となりますが、固定金利期間選択型よりフラット35の方が高くなっているのが特徴です。それぞれメリットとデメリットがあるものの返済終了まで支払額が固定できるフラット35の人気が高いようです。それから借りる方の予備知識としては、住宅ローンを早く返すのと金利支払いを少なくする方法として繰り上げ返済と言う方法があります。繰り上げ返済とは、予定の返済金額より毎年や数年おきでも多く返す事ですが、残債金額が早期に減ることで金利負担分の支払いが少なくなります。又、繰り上げ返済時に返済期間を変えず毎月のローン額を下げるか、期間を短縮するか選べますので繰り上げ返済時に良く検討する必要もあります。